〈庵主挨拶〉

ご挨拶代わりに、東照庵設立に至る経緯をお話ししたいと思います。

ご縁により全国各地で、ご葬儀の実体というものを垣間見てまいりました。
そういった経験の中で少々驚いたのは、菩提寺をもたない方々のご葬儀でした。
葬儀社や僧侶も色々で、素晴らしい方(会社)も多く存じあげておりますが一方、首をかしげざるを得ない方(会社)があるのも現実です。その中で菩提寺をもたない方々のご葬儀については、どうも首をかしげざるを得ないことが少なからずあるということを知りました。

この私自身がまっとうな僧侶かどうかはわかりませんが、その実情に驚くとともに、懇ろにご供養を願うものの菩提寺をもたないがゆえに、私から見ればかなり問題があるような御葬儀をせざるを得ない状況は、大変悲しく感じるものでした。

そこで「懇ろにご供養したい」というお気持ちの方のために何かしなくては…と思い、そのことを常圓寺の大方丈さまにご相談したところ、常圓寺のお檀家様にも関東在住の方が多くいらっしゃることから、この庵を立ち上げることとなりました。

現在のところ「関東寺務局」ですので、その拠点は皆さんが「お寺」と聞いて想像されるような伽藍ではなく、ごく普通の小さな一般民家ですが、小さいからこそ出来ること、ここ首都圏でしがらみがないからこそ出来ることがあると思っております。

衆生無辺誓願度
煩悩無尽誓願断
法門無量誓願学
仏道無上誓願成

東照庵 庵主 九拝