私的通信 朴宗の個人部屋43

あぁ終売!

お正月からなんですが、最近私が直面したちょっと悲しい出来事三題。


その一。寺報作成にも用いているパソコンとプリンター。うちプリンターについては東照庵開設時に購入した物をずっと使っています。

トナー(粉状インク)は必要になった時その都度購入していたのですが、先日ネットで注文しようとしたところ「販売終了」の文字が…。慌ててほかのネットショップを見てみたところ「在庫のみ」となっていたので速攻注文…何とか凌ぎました。

メーカーに問い合わせてみたところ、なんと適合トナーはもう生産中止だとのこと。えーーっ!本体はまだ使えるのに生産停止とは(涙)

私が使っている機種は発売からもう十年以上経過しているとはいえSDGsが叫ばれる世の中なのに…あぁ終売!

その二。三年前の春に花王から新発売された中年男性向けのとある商品を愛用しています。これも先日ネットで注文しようとしたところまた「販売終了」になっているではありませんか。

あわてて花王のホームページを見てみるとまたもや「製造終了」の文字が…私は愛用していましたが売れなかったんですね。わずか三年足らずで撤退とは…あぁ終売!

その三。年末に毎年使っている手帳の翌年用を買おうと書店に出向いたものの見当たらず。店員さんに尋ねたところ「製造元が倒産したので発売されない」とのこと…あぁ終売!

各々理由は異なれど、あぁ終売…世の中って諸行無常だなぁ。

コロナ禍の新習慣

コロナ禍になって皆さんの生活習慣も大分変わったのではないでしょうか。その代表はやはりマスク着用ですかね。私の場合にはマスクは当然として一日二度の体温測定を欠かさないようになりましたし、消毒用アルコールを持ち歩くようにもなりました。

もう一つ挙げると「鼻うがい」です。私は結構重めの花粉症で年によっては鼻水が酷く何も手につかず横になっているしかないということも。そんな体質なのでもう十年以上前から春の花粉症の時期には鼻うがいをするようにしていたのですが、コロナ禍を機に季節を問わず一年中夜に鼻うがいをするようになりました。

今のところコロナに罹患していないのはそのお陰かどうかは分かりませんが、年中不調だった鼻の調子はかなり良くなりました。以前はいつでもティッシュが欠かせなかったけれど、最近鼻をかむなんてことがとんとなくなった気がするなぁ。

朴宗昔話

三面で父について触れましたので、思い出話を少し。


私は群馬県桐生市という群馬東端の街で生まれ育ったのですが、父に何度も連れて行ってもらったのは県庁所在地である前橋市にあった『交通公園』です。

私の記憶ではそこにはゴーカートとプラネタリウムがあり子供が遊ぶにはうってつけの場所でした。ゴーカートでは速度を出しすぎて係のおじさんに怒られた覚えがあります。一方のプラネタリウムはというと、覚えているのは投影された夜空のことではなく隣に座っていた父のことです。

照明は落とされて静かな音楽が流れ椅子はリクライニングで…という空間の中で、毎回毎回父は私の隣で爆睡していたのです。今にして思えば、仕事でそれだけ疲れていたにもかかわらず連れて行ってくれていたということだろうと思うのですが、子供心に「父はいっつも爆睡だなぁ」と微妙な思いを抱いていました。あれから半世紀近く経った今も鮮明に覚えている父との思い出です。

編集後記

この寺報のお届けはお正月ですが、執筆している現在は色々な人が忙しく飛び回っている師走…私の目の前には未読の新聞がどんどん溜まっていく状況…そんな日々が続いています。そしてそのうずたかさを見てそれがストレスになるという悪循環(涙)

ネットで流れてくる情報は偏りが大きいので趣味に関することについてはそれでよいとしても、やっぱり新聞は大切だと思っています。スマホの新聞アプリでも読める環境はあるのですが、やっぱり紙で読みたいんですよね。あぁ早く当日の新聞を当日中に読めるようになりたいなぁ…