ご案内~円満なお付き合いのために~

 本頁では基本的に御葬儀やお法事にまつわる仏教的なことをお伝えしております。ただ常圓寺にも東照庵にも何年も連絡したことがないというお宅におかれましては、お付き合いについて迷われることも多いかと思います。そこで繰り返しとはなりますが年に一度は菩提寺とのお付き合いについて書かせて頂いております。

 先に結論的なことを申し上げますと「まずはお寺に相談」これに尽きると思います。お付き合いが薄いお宅ほどお寺の言うことより業者さんやお知り合いの噂話に重きを置いて、結果ご供養に支障が出がちなように感じております。どうぞ以下お読み下さいませ。

◆御葬儀について◆ 

伊那でお勤めされる場合(喪主様が関東在住だがお亡くなりになった方が伊那在住のご親族様の場合等)には常圓寺にご連絡下さい。

関東にて御葬儀される場合には何はともあれ東照庵にご連絡ご相談下さい。困ってしまうのは葬儀社との打ち合わせを終え日程まで決めてしまってから連絡がくるケースです。その日程に他のお檀家様とのお約束が入っている場合があり得ることをご理解下さいませ。

また東照庵では可能な限りまずは枕経(まくらぎょう…伊那では必ずお勤めされる最初のお経)を当日ないし翌日にお勤めし、故人の略歴等お伺いするとともにご葬儀の相談にのっております。葬儀社と諸々を事前に勝手に決めてしまわれることは強くお断りしております。これは法要を懇ろなものとするためでもありますので、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

なお常圓寺との必要なやり取りはすべて東照庵にて行いますので、皆様から常圓寺に別途ご連絡の必要はございません。安心して東照庵にお任せ下さい。

東照庵の葬儀は伊那谷でのあり方を踏まえた上で、関東の現状やその時の各種事情も考慮しつつ「皆さんと一緒に真心を捧げる」ことを重視したご供養を心掛けております。

◆新盆のお勤めについて◆ 

東照庵にて葬儀をお勤めいたしましたお新盆のお宅に関しましては、別便にてご案内をお届けいたします。

関東では七月盆と八月盆が混在しております。東照庵としては施主家のご要望次第で七月八月のいずれでもよいと考えておりますので、、ご家族とお話し合いの上ご返信下さいませ。

また新盆家のご供養でもある施食会(せじきえ)が八月八日午後に常圓寺本堂で執り行われる予定です。新盆家にのみご案内している大切な法要ですので、状況とご都合が許せば関東の新盆家の皆様にも参列されますことをお勧めいたします。(なお法要後行われる説明会は伊那谷内の方に向けてのもので、首都圏向けではありませんのでご留意下さい。)
なお葬儀は伊那で勤めたが新盆は関東のご自宅にてという方、新盆ではないがお盆のお勤めを希望される方につきましては、ご要望頂ければお伺いいたします。東照庵にご相談下さい。

◆お法事の申込について◆ 

伊那にあるご自宅ないし常圓寺本堂にてお勤めをご希望の場合には常圓寺までご連絡下さい。法要希望日間近になってからのお申し込みですと(特に週末祝祭日ご希望の場合)ご要望に添えないこともございます。なるべく早めにご相談下さい。

関東のご自宅でのお勤めをご希望の場合には東照庵にご連絡下さい。日程や時間については柔軟にお応えすることが出来るかと思います。

◆各種ご相談◆ 

お墓・永代供養・仏事に関することなど全般的なご相談は、常圓寺は勿論東照庵にご連絡頂きましても大丈夫なようにしております。東照庵では関東のお檀家様からのご相談を私・朴宗(ぼくしゅう)が承っております。
一方常圓寺では全てのお檀家様からの相談をお受けするため、住職を先達として複数の和尚で対応しております。(十二時~十五時は御葬儀のため不在の場合が多いことご了承を)

東照庵においては電話・FAXは勿論お手紙、さらには電子メールそのいずれでも大丈夫ですので、お気軽にご相談下さい。